« ますます不十分にしか解明できないものになっている | トップページ | 防腐剤不使用で皮膚へのダメージを大幅カット »

2016年9月26日 (月)

スべイン王の狩猟館トッレ・デ・ラ・パラーダのための絵画でいる

彼は狩猟の獲物を描いた静物画、及び生きた動物の絵の最も垂要な代表者の一人と見なされている。

1

彼が描いた取っ組み合いの喧嘩をする犬と猫がいる食料貯蔵室の絵の多くは、フランス・スネィデルスの明らかな影響を示しているが、またルーべンスの影響もはっきりと感じ取れる。1637から1638年にかけて、パウル・デ・フォスはルーべンスとスネィデルスと一緒に、スべイン王の狩猟館トッレ・デ・ラ・パラーダのための絵画でいる。

« ますます不十分にしか解明できないものになっている | トップページ | 防腐剤不使用で皮膚へのダメージを大幅カット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1888631/67674159

この記事へのトラックバック一覧です: スべイン王の狩猟館トッレ・デ・ラ・パラーダのための絵画でいる:

« ますます不十分にしか解明できないものになっている | トップページ | 防腐剤不使用で皮膚へのダメージを大幅カット »